追記:コインチェックがハッキング被害に遭ってしまいました ※約580億円分の仮想通貨NEMの盗難被害により

追記⑥:2/13より日本円の出金が可能になりました。多くの人が無事に出金ができたようです。

現在コインチェックに足止めされている、仮想通貨の方も無事に売却/送金が可能なるのは、まず間違いないと思います。NEMも日本円になりますが返還される可能性が高いです。

コインチェック社は事業再開を示唆しています。経営の金銭的な目処は付いているのだと思います。金融庁の職員が監督している中での発表であり信憑性があるものと考えてもいいでしょう。

心配されたユーザーの資産が引き出せずに会社が倒産するという問題は回避されたと考えます。様々な問題を引き続き抱えている状況ですがコインチェックの再開を見守りたいと思います。

コインチェック最新情報は→ 公式プレス

コインチェック問い合わせは→ 公式サポート

※公式サポートは問い合わせ殺到で、返答まで長い時間を要する可能性が高いです

bitflyerは国内で最大の取引所になります

サイト管理者も国内での仮想通貨の取引は「BitFlyer」を現在はメインで利用しています。

今回のコインチェック事件などで各社セキュリティ強化には動いているとは思います。国内最大の取引所ということで信用するしかない状況です。いずれにせよ国内の取引所は日本円に変えるために必要なので使いざる負えません。

今回の事件でbitflyerの口座開設が急増しています。口座開設に遅れが発生する可能性が高いのでお早めに

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

→→ BitFlyerで口座開設する

コインチェック

コインチェックの送金方法。ビットコインを送る/受け取る。

更新日:

コインチェック 送金 送る 受け取る

※クリックするとジャンプします

pepe
面倒でも最初は少額のビットコインでテスト送金するのをオススメします!

※この記事はコインチェック↔Zaifの送金を具体例に上げています

他にも具体的なBTC送金例として、以下の記事がありますので参考に。

コインチェック↔ビットフライヤーにBTC送金

コインチェック↔BitTrexにBTC送金

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック口座開設の方法(初心者向き)

ビットコインを送金してみよう

コインを送る 送金

コインチェック基本操作となるビットコインの送金を説明します。

どの取引所も基本的に共通の方法になりますので覚えちゃいましょう。

ビットコイン送金の流れ

  • 送金先の取引所の「アドレス(宛先)」を取得
  • 送金元のコインチェックに上記の「アドレス」を入力してボタンを押すだけ

基本はこれだけ。簡単です。

送金先の「入金用のアドレス」を用意します

アドレスとは、振込先の銀行口座番号みたいなものです。

ここでは国内大手の取引所であるZaifにビットコインを送付する方法を紹介します。

入金アドレスをコピー&ペーストする

Zaifの「入出金」→「BTC入金」を選択します。

入出金 BTC アカウント

どの取引所にも上の画像のような「入金アドレス」が存在します。

この入金アドレスを、コインチェック側の送金先アドレスにコピー&ペーストで貼り付ける形になります。

気をつけて欲しい要点は...

  • アドレスは丁寧にコピー&ペーストする
  • コインの種類により、入金アドレスが違うのに注意する
  • 初めての取引所は、少額でテストする

「コインを送る」を選択します

コインを送る 送金

送金する仮想通貨の種類を選択します

仮想通貨の種類 暗号通貨の種類 ビットコインを送る

コインチェックの「送金先リストを編集」を選択

送金先リストの編集

新規ラベル:取引所の名前(好きな名前でOK)

新規宛先:送金先のアドレスを貼り付ける

後は送付する金額を入力してボタンを押すだけで完了

以上で完了ですが、送金が完了するまで時間が掛かります。10分ぐらいで送金完了する場合もあれば、海外取引所などでは10時間かかるケースもあります。

送金するコインの種類や、混雑状況など、様々な要因で送金の時間が変化します。

pepe
気を付けて欲しいのはアドレスを正確にコピペすることです。
doge
まずありえませんが、うっかり他人のアドレスなどに送付してしまうと、回収するのは殆ど不可能です。
pepe
あとは「二段階認証」を利用していない人は絶対に設定してくださいね。
doge
二段階認証をしていない人の、コイン盗難は頻繁に起きている現実です。
pepe
アカウントを乗っ取られ、コインを送金されてしまうと、もうアウトです。仮想通貨の匿名性高さなどが裏目に出て、どんなに大金を盗まれても警察も手に負えないのが現状です。

二段階認証の設定へ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを受け取る

コインを受け取る 着金

ビットコインの受け取りの流れ

  • コインチェックの「入金用アドレス(宛先)」を取得
  • 送金元の取引所にアドレスを入力する

基本的にはこれだけです。簡単。

コインチェックの「入金用アドレス」を確認しよう

コインチェックのメニューから「コインを受け取る」を開きます。

コインチェック 入金用アドレス

この「通常入金用アドレス」という文字列を、ビットコインの送り元である取引所に入力すれば、コインチェックにビットコインが届きます。

「高速入金用アドレス」は、0.02BTCという高額の手数料を払っての入金になります。高速入金は大半の方には不要です。

1BTC=40万だとすると、8000円もの手数料となります。論外です。

実際に送ってみよう

ここではZaifという国内取引所にビットコインを受け取る方法を紹介します。

どこの取引所でも基本は同じです。

Zaifで「BTC入出金」→「BTC出金」を選択します。

Zaifの出金ページです(ビットコインを送る側の取引所)

zaif 送金 コインチェック 受け取り

pepe
後は待っていればビットコイン受け取りが完了します。
doge
受け取りまでの時間は、送付元の取引所、手数料の金額、コインの種類など多数の要素が絡みますが、国内同士なら30分以内に終わることが多いです。
pepe
海外の取引所からだと、10時間かかることもあります。気長に待ちましょう。

注意点まとめ:コインを送る/受け取る

  • コインの種類によって入金アドレスは違う(BTC、XRP、XEMのアドレスは違います)
  • アドレスを間違えないように、丁寧にコピー&ペーストしよう
  • 海外取引所は時間が掛かります。余裕のある送金・着金を。

Zaifの口座開設はこちら

大人気の仮想通貨である「XEM」と「モナーコイン」を国内で1番安く買える取引所です。

口座開設の方法 (初心者向き)

注目記事

コインチェックの使い方

初めてビットコインを買う

投資の基本学習編

Zaifの使い方ナビ(姉妹サイト)

bitflyerは国内で最大の取引所になります

サイト管理者も国内での仮想通貨の取引は「BitFlyer」を現在はメインで利用しています。

今回のコインチェック事件などで各社セキュリティ強化には動いているとは思います。国内最大の取引所ということで信用するしかない状況です。いずれにせよ国内の取引所は日本円に変えるために必要なので使いざる負えません。

今回の事件でbitflyerの口座開設が急増しています。口座開設に遅れが発生する可能性が高いのでお早めに

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

→→ BitFlyerで口座開設する

-コインチェック

Copyright© コインチェック使い方ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.