コインチェック

ビットコイン取引所:初心者の為の3つのオススメ取引所とは?

更新日:

初心者 おすすめ 取引所

最初の取引所はコインチェックがオススメ

私は3つの取引所をメインに利用していますが、最初に開設する取引所はコインチェックがオススメです。以下に簡単に解説したいと思います。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトを見てみる→コインチェック

コインチェックのメリット

  • 100万円迄の盗難補償。手厚さは国内No1
  • アルトコインの取扱数が多い

コインチェックのデメリット

  • アルトコインの売買の手数料が高い

盗難補償がコインチェックをオススメする最大の理由

コインチェック なりすまし 補償 盗難

ビットコインなどの仮想通貨は、プロの犯罪者による盗難があるのが現状です。

取引所で利用しているアカウント名とパスワードが突破され、ビットコインなどを不正に送金され盗まれてしまうパターンが多いのです。

再確認しておくと、これは取引所のセキュリティの問題であって、ビットコインなどの仮想通貨のセキュリティの問題ではないです。

コインチェックでは100万円までの不正ログインによる損失を補償

コインチェックでは国内で唯一、日本円による不正な引き出しだけでなく、仮想通貨を不正に送金されるケースでも、100万円までは補償してくれる制度をスタートしました。

他の国内取引所では仮想通貨の不正送金までは対応していないことから、コインチェックを利用する最大メリットと言えるでしょう。

投資資金が100万円以下の方は、最初の取引所を「コインチェック」を選ぶのが安心です。

※補償を受けるためには「二段階認証」というGoogleのシステムを利用することが条件になっています。口座を開設した後は必ず設定するようにしてください。

※100万円を超える投資を検討されている方は「ハードウォレット」というツールの利用をオススメします。

※コインチェックの公式サイトを見てみる→コインチェック

アルトコインの取扱数が国内No.1

アルトコイン オルトコイン 取り扱い

仮想通貨にはビットコイン以外にも沢山の種類があります。

また、ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。

コインチェックではビットコイン以外にも、アルトコインを11種類も取り扱っていて、売買や送金/入金が可能となっています。

他の国内取引所では4種類以下の所が多く、コインチェックの取扱数は圧倒的No.1となっています。

基本的にビットコイン以外のコイン=アルトコインの方が、価格の変動が激しい傾向にあり、ワクワク度は良くも悪くも高いです(笑)

※ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、XEM(ネム)、LTC(ライトコイン)など主要なアルトコインはコインチェックでも取り扱っています

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※公式サイトを見てみる→コインチェック

※本人確認をしないと、入金及びビットコイン等の売買ができないのでお忘れなく。

アルトコインの売買手数料が高めなのがデメリット

コインチェックでは、アルトコイン(ビットコイン以外)の売買手数料が少し高めです。

相場の動きにより常に変動しているのですが、2%ぐらいであることが多いので、10万円のコインを売買すると二千円程度かかります。

これは3ヶ月以上、アルトコインをキープする中長期の投資なら全く気にならない手数料ですが、短期トレードで売買を繰り返す人には向いていないです。

アルトコインの短期トレードなら海外取引所の一択

手数料が安く、取り扱いのコイン種類が多いので、短期トレードをしている個人投資家の方は、みんな海外取引所を利用しています。ただし、全部が英語ですし、補償などもなく、海外特有の難しさも存在します。詳しくはページ下で紹介します。

※コインチェックの公式サイトを見てみる→コインチェック

まとめ:コインチェック

不正ログインによる盗難補償がある(100万円まで)。

これが他の国内取引所よりコインチェックを優先して口座開設すべき優れたポイントです。

また最大のデメリットであるアルトコインの手数料の高さですが、これは海外取引所を利用することでしか解決しない問題です。そして、日本円から仮想通貨を買えるのは国内取引所だけですので、いずれにせよ日本国内の取引所が絶対必要なわけです。

これから中級者を目指す方も、初心者のままでライトユーザーとして楽しみたいという方も、補償が優れているコインチェックを最初の仮想通貨取引所として利用するのがベストです。

コインチェック口座開設はこちら

公式サイトに移動する→コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

pepe
中級者を目指すなら取引所の複数開設は基本です!
doge
理由の1つは購入できるコインの種類が増えること!
pepe
もう1つの理由は、暴落時のサーバーダウンにより、送金できなくなることがあること!
doge
暴落した時こそ最大の買い時であるのが投資! 最大のチャンスを逃してしまう可能性があるのです!

※コインチェックの公式サイトを見てみる→コインチェック

2番目は「Zaif」がオススメ

公式サイトを見てみる→Zaif

追記:色々とZaifを取り巻く状況も変化しました。テックビューロ社(Zaif運営会社)はCOMSAというICOプラットフォームのプロジェクトにより100億円以上の資金を調達しました。

このプロジェクトにより今後は「Zaifでしか買えないトークン」が多数出て来ます。日本のベンチャー企業の資金集めのプラットフォームとしてZaifが利用されます。情報も日本語で収集可能。中には大きく化けるトークンも多数あるでしょう。ますますZaifから目が離せない状況になってきています。

後はネガティブな点としてサーバーダウンの回数が増えています。これは私も相当イライラしています(苦笑)。大量の資金があるのだから、まずはサーバーを早急に改善して欲しいところです。

唯一無二の取引所「Zaif」の事件簿!

唯一無二の取引所

2番目に開設すべき国内取引所は「Zaif」をオススメしています。

まず複数の国内取引所を利用すべきなのは、国内&海外に関わらず仮想通貨の取引所は、主に価格が暴落した時に、サイトがダウンすることが多い現状が上げられます。

コイン保有者のパニック売り、価格の暴落こそコイン購入のチャンスと、アクセスが集中するのが原因です。

投資の世界では、何らかの理由で、とにかく早く手続きしたいということがあるものです。

早く手続きしたいのに、サイトがダウンしていたのでは話にならなりませんね。なので、取引所は複数のアカウントを作っておいた方が良いです。

複数の取引所を開設しておくことは、専業トレーダーも、趣味でやっている中級者も皆がやっている基本です。

Zaifの特徴

  • XEM・モナーコインを安い手数料で売買が可能
  • トークンが売買可能
  • 今のところ補償サービスが無い

最大の魅力の1つは、日本人に人気の通貨であり、Zaifの運営会社テックビューロとも深く関わりのあるXem(ネム)などの通貨及びトークンを、安い手数料で売買可能な点。

また、日本産である「モナーコイン」の売買も可能。既に一部の実店舗でも取り扱いが開始されていて、今後の展開が見ものの国産コインでもあり要チェックです(※モナコインは2017年度だけで300倍に高騰)。

もちろんビットコインも安く売買可能なので、サブの国内取引所として抑えておきたい取引所です。

追記:モナコインは2017年度だけで200倍以上の価格に!(追記:既に900円を突破。一年で300倍に..) 私もホルダーだってのですが20円ぐらいで売ってしまいました(泣)今は700円ほどです。1月に買って12月に売却したら、100万円が2億円になるという高騰ぶりです。

bitflyerがモナコイン取扱を始めましたが、手数料(スプレッド)が高すぎて話になりません。モナコイン買うなら「板取引」ができるZaif(ザイフ)が一択という状況です。

より詳しくZaifを知りたい方は特集記事を!

唯一無二の取引所「Zaif」の事件簿!

Zaifの口座開設はこちら

公式サイトで口座開設する→Zaif

※本人確認をしないと入出金ができないのでお忘れなく。

3番目はBitFlyerがオススメ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトで口座開設をする→BitFlyer

ビットコインFXという魔力

レバリッジというシステムを用いて資金の2倍、3倍分ものビットコインが買えてしまうビットコインFX。

賭け方によっては非常にハイリスクな投資方法ができる世界なので最低限の勉強は必須です。

ただし、よく勘違いされている方が多いのですがFX=ハイリスクではないのです。ビットコインFXでも比較的に安全度の高い投資方法というのはあるのです。

一部の方が欲に目がくらみ、正気の沙汰ではないようなハイリスクな投資をして破滅してしまい、それがネットメディアなどを通して拡散して知られているだけなのです。

最近話題になった一日で3千万円の損失を出し泣きながらニコ生で配信しているYouTube動画です。300枚=3億円以上ものビットコインをレバリッジを賭けて投資していたようです。しかも仕事中の昼休みにポジションを持つとか、気の毒ではありますがどう考えても正気の沙汰ではないですね。ビットコイン投資に取り憑かれ正常な判断能力を失ってしまっていたのでしょう。。強烈な反面教師として心に刻んでおくべき事例です。

ビットコインFXをやる資格があるのは、自分の欲望を理性によりコントロールできる方のみです。

私自身もビットコイン投資金額の1.5倍ぐらいなるようにレバリッジを賭けて利用しています。利益も損失も1.5倍という形です。買った時点のレートから50%以上の急落がないなら安全という形にしてポジションを持っています。価格アラートなども付けて外でも対応できるようにしてありリスクを「計算」するよう心掛け投資しています。

※変動が激しいビットコインは30%ぐらいの暴落は月に一度はあると考えてください。何かネガティブな材料があった場合はそれ以上の暴落もあることは念頭に置いておきましょう。

2018年度はビットコインの年になる可能性が非常に高いと個人的には思っています。今まで見向きもしなかった層までビットコインに興味を持ち始めている状況です。そこでビットコインFXというのは一つの選択肢して考慮に値するのものと考えます。

やり方によっては危険性もあるFXです。繰り返しになりますが、最低限のFX基本ルールの勉強は必須です。それでも興味がある、ビットコインで攻めたいという方にはビットコインFXはオススメです。

ちなみに「BitFlyer」は国内最大の取引所になります。FX以外にも送金など基本機能は当然用意されています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトで口座開設をする→BitFlyer

番外編:海外取引所ならBittrex

まずは、海外取引所のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

海外取引所の特徴

  • 売買の手数料が安い
  • 取り扱い仮想通貨の種類が多い
  • サイトが英語表示

専業トレーダーなど仮想通貨投資の中上級者は、大半の人が国内取引所でビットコインを買い、海外取引所に送金して、仮想通貨を売買して利益を上げています。

海外取引所はメリットが多い反面、全てが英語というデメリットがあります。英語が不得意な方が海外取引所でトラブルになると非常に面倒です。

まずは国内取引所で慣れた後に利用されることをオススメします。

Bittrexの特徴

  • 仮想通貨の取引数が200種類と圧倒的
  • 他社よりはトラブルが少ない

日本の個人投資家の多くが「poloniex」と「Bittrex」の2社を利用されている方が多いです。

ちなみに「poloniex」の取引量は世界でNo.1とのことですが、サポートが対応しないとか、サイトのシステムトラブルなどが、しばしば言及されています。

どちらかと言うと「Bittrex」をオススメしている状況です。

いずれにせ海外取引所は手数料&アルトコイン種類が多いなど、国内取引所にない魅力が一杯ですが、英語サイト故に十分な注意が必要です。

  • Twitterの海外取引所の情報をツイートしてくれいているアカウントをフォローして、トラブル情報をチェックする習慣を付ける
  • 売買したらハードウェウォレットなどにコインを保管する
  • 基本操作を十分に理解した上で利用する

ハードルは高いですが、海外ではない買えないコインも沢山あり、中級者を目指す方は海外取引所に挑戦しても良いと思います。

ただし、くれぐれも二段階認証の設定や、取引の基本操作などをキチンと理解した上で利用ください。

操作ミスで大金を紛失していますことだってありえます。カスタマーサービスも当然英語ですので、イージーミスは排除することが必須。

魅力も多いので十分注意した上でトライしてみましょう。

【記事】アルトコインのおすすめ取引所はBIttrex

口座開設はこちらから

コインチェック(coincheck)

補償に強い。国内ベース取引所としてオススメ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトを見てみる→コインチェック

Zaif(ザイフ)

巨大プロジェクト始動で目が離せない!

公式サイトを見てみる→Zaif

bitflyer:ビットコインFXで攻めるなら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトで口座開設をする→BitFlyer

コインチェック公式サイトへ

コインチェック公式サイトへ

公式サイトを見てみる→コインチェック

※本人確認をしないとコインの売買、入金などができないのでお忘れなく。

-コインチェック

Copyright© コインチェック使い方ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.